前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


【性感帯開発】前戯の短い彼氏としかセックスしたことがないちいさん22歳1回目の施術日記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは中イキ開発されたい女の子の性感帯開発を
ヤラセ無しでリアルにお届けするドキュメンタリーブログ

って言うコンセプトでやってる。

今まで登場してきた女の子は
ほぼ時系列順に全員掲載してきたんだけど

おおむね全員が割といい反応だったよねwww

みかさん2回目の最後のとこでも書いたけど、
通常、こんなことはありえない

だいたい良い反応の人もいれば
あんまり反応の良くない人もいるのが普通。

反応が良すぎる人ばっかりだと
ヤラセっぽく見えるんじゃないかとかも思っちゃんだけど

実際のところどうでしょうかね?www

とかそういうことを考えてたら
ちょうどあんまり反応の良くない人が連続で依頼してきたので

非常にタイムリーな感じですwww

なので、処女でも性感帯開発で中イキするために必要な3つの要素の最後で言ってたとおり
反応の良くなかった女の子3人の事例を紹介しますwww

最初の1人目はちいさんです^^
ちいさんの依頼はこんな感じ。

はじめまして。
夜分遅くにすいません。
調べているとこのブログにたどりつきました。すぐにお願いしたいと思ったのですが、
なかなか勇気がでず数週間たってしまいました。
付き合って何年にもなる彼がいます。その人としか経験はありません。
ですが、中でいけたことがありません。
伝えたりはしますが、ぜんぎも短くやっぱり彼だけいってしまいます。
彼もいけないことを気にしてはくれるのですが、、、
私も自分がだめなのかなあと不安になりました。
この先一生このままは嫌だなと思いお願い連絡する決心がつきました!

急なのですが、今月大阪にいく用事がありお願いしたくて連絡してみました。

こういうブログを見て依頼してくる女の子は

見つけて即日依頼してくるタイプと
めっちゃ熟考するタイプと別れると思うんだけど

ちいさんは熟考されるタイプみたいですねwww

どちらかと言うと熟考されるタイプの子の方が
ブログを隅から隅まで読んできてくれる傾向があるので

僕としてはありがたいです^^

僕のブログをよく読んで依頼してきてくれるってことは
僕のキャラクターを受け入れてくれてるってことだから

コミュニケーションに重要な信頼感が最初からあるってこと。

性感帯開発はコミュニケーションだから
信頼関係がある方がいいのは当たり前だよね^^

実際ちいさんにお会いしてみると非常に話しやすい感じ。
僕と相性も悪くはなさそう。

軽く雑談してから
恒例のエロ催眠を体験してもらうことに。

以前の記事でも書いたけど
催眠体験してもらうことでその女の子の本質的な部分がわかる。

ちいさんはというと、催眠にかかりませんでしたwww

ちいさんのかかり方でわかったことは
他人に誘導されるのがあまり好きではないということ。

一見人当たり良さそうだけど芯があって人の意見に左右されない。
悪い意味で言えば頑固。

かと言って自分の意志ははっきりと示さないタイプ。

ともすれば、なに考えてるのかわかりにくいと評されるタイプな風味。

なのでその子のしてほしいことを
僕が察する事ができれば問題ないんだけど

察することができなければ結構難しいと予想。

ちいさんの反応をどう引き出すかが鍵になってくると思う。

そんなちいさんの施術前インタビューはこちら。

僕のテンションが低いwww
それだけ難しいだろうな、という予感があるってことwww

とは言え、僕に出来ることは全力でやるのがモットーなので
頑張るだけ頑張ってみたい^^

しかし、ちいさんの彼氏もよくあるパターンですねwww
前戯も短く彼だけが気持ちよくなるためのセックス

それでは女性が気持ちいいはずがないよねwww

ちいさんの反応を引き出すのは難しそうだけど
少なくとも彼氏よりは丁寧な責め方だろうから

できるだけ気持ちよくなってもらいたいと思いつつ

性感帯開発を始めていきます。
まずは右足のオイルリフレ。

ちいさん鼠径部を手が通過するときに
身体をぴくっと反応させてます^^

意外と気持ちいい感じですかねwww

そして左足のオイルリフレ。

これも鼠径部とかおしりの外周をなぞるときに
ぴくっと反応してますねwww

あれ?意外と反応よかったりするのかなwww

そしてお尻のオイルリフレ。

先ほどおしりの外周で反応があったので
おしりの反応が良いかと思ったら意外と普通でしたwww

さらに背中のオイルリフレに入っていきます。

これも普通の反応でしたwww
しかし、ちいさんめっちゃな背中ですね^^

これでもうちょい反応があったら最高なんですけどwww

ここからいよいよ性感リフレに入っていきます。
まずはおしりの性感リフレ。

ファーストタッチでぴくって反応してます。
思ったより反応がいいですねwww

このまま反応を引き出していけば
もっともっと感じてくれそうな気もしないではないですwww

しかし、身体は反応してても声は出ませんwww
何とか反応を引き出そうとアナル周辺等を触ってみるも

そこまでの反応ではないようです。

そしておまんこを圧迫しながら色々なところを触っていきます。

左手はちいさんの手を握ろうとして手の甲に重ねてますが
応えてくれませんでしたwww

この時点で無意識に僕を拒絶してるのが態度に出てますよねwww

で、反応を引き出すために背中にちゅうしていきます。
これでエロスイッチの入る女の子も多いんだけど

案の定ちいさんはエロスイッチ入ってなさそうですwwww
そんな反応変わんないですねwwww

そして、仰向けになってもらって
胸周辺を触っていきます。

気持ちよさそうに身体をくねらせてはいるんだけど
表情がなんか硬い感じなんだよね。

印象としては何かに耐えてるみたいな雰囲気。
恥ずかしいのか、我慢しているのかwww

声はやっぱり出てませんしwww

通常であれば、女の子の状態を対話しながら確認するとこだけど
なんかそういう雰囲気でもないんだよねwww

声掛けないほうが良さそうな雰囲気というかwww

その時点でコミュニケーションとしては
成り立ってないんだけどwwww

そんな感じの雰囲気のまま
クリトリスを触っていきます。

ここでようやく吐息が漏れましたねwww
クリを刺激し続けてると、少しだけ声が出始めます^^

ようやく反応らしい反応が拾えましたwww

胸周辺を刺激したりとか、他の部分を撫でながら
クリへの刺激を続けます。

お腹に力が入ってるので感じてはいるのでしょうが
だんだんまた反応が鈍くなっていきますwww

これは手強いですねwww

そして指を入れていきます。

クリトリスを刺激しながら少しずつ指を入れていきます。
結構気持ちよさそうですwww

タオルを握りしめたりするのが艶めかしくていいですね^^

ただ、こちらの問いかけに声で返すのではなく
首を動かすだけで答えてます。

うーんコミュニケーション的に閉ざされてる感がある。

ポルチオ刺激も声は出てるんだけど
抑えてる感は否めない。

どうにか反応を引き出したいので
ポルチオ刺激しながら足の指とか舐めてみるwww

しかし、これもあんまり効果的ではなかったようですwwww

それでもじわじわ責め続けてると
だんだん気持ちよくはなってきます。

微妙に感じてきてるのか
身体が震えてきて力が入ってきます。

イッちゃいそうになってますwww

ただ、やっぱりある程度盛り上がった後は
だんだん反応が鈍くなってる気がします。

どうも理性を外しきれてないご様子。

そして最後に乳首を触っていきます。
乳首とクリトリスも同時に責めて行きます。

やっぱりあんまり反応良くないですねwww
これ以上やってもあんまり効果がないかと思い、ここで終了ですwwww

最後に施術後のインタビュー。

一応今まで中で気持よくなれなかった状態でしたが
中で気持ち良いと感じることができるようにはなれたようです。

僕的にはちいさんの反応をもうちょっと引き出したかった感じですが
緊張もあってかなかなか難しかったようです。

通常こういう場合は何回も施術を受けると
徐々に心をひらいてきていただけて

それにともなって感度も増していきますが
他県から来ていただいてますのでなかなかそれも難しいかもしれません。

また大阪に来られることがあればぜひご依頼していただきたいな、と思います。

ちいさんから感想のメールも頂いてます。

こんばんは。
今日はありがとうございました!
自分でゆうのもなんですが、人に対してすぐバリアをはってしまうので、
全てのみをまかすことはできませんでした、、
でもどうされたら気持ちいいかということがわかったようなきがします。
いろいろ試して、お互い納得のできるセックスができるようになればいいなと思います。

なかなか大阪にいく機会は減りましたがまた機会があればお願いします!

それをご自身が自覚してるんならあまり問題ないかな、とは思います。
時間はかかると思いますが、きっと中イキできると思います。

無理せず頑張ってみてくださいwww

こんなすごい体験がしてみたい子は
こっから申し込めばいいんじゃないかな?
>> 体験希望はこちらから

とりあえずLineで話だけでもしてみたい方は
>>こちらをタップ

無料ですけど全力です^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ